FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Germany

ドイツは シュツッツガルトと ミュンヘンにしか仕事で行っていませんね。 それも取引先の本部に行っただけで、観光なんて ミュンヘンの町の真ん中にあった いのししの銅像しか記憶にありません。

でもダラス在住時に アメリカからドイツ南部をレンタカーを借りて旅行して 初めてドイツの良さを痛感したし、 アウトバーンも運転し、そしてドイツの友人に会い、彼らとオクトバーフェスタに行った事がすごく想い出に残っています。
ドイツ観光局公式ホームページ

だからここでは 仕事で行ったドイツを書くよりも2人でドイツを南ドイツを走破した事を書こうかなと思います。 スイスのチューリッヒ空港にダラスより飛び、そこからレンタカーを借りてドイツ南部を6日かけて2500キロ走破。 ナビが付いていないドイツ車(ゴルフ)でもよく走ったもんです。
一日大体400キロぐらいは交代で運転しながら ネットで予約しておいたホテルやB&Bに泊まり、
昼食はパンなどを買って車の中で食べながら運転し、次の町へ。 

一番の想い出はやはり 一緒に仕事をしていた時の同僚との再会でした。 懐かしくって、そしてパートナーも彼がとっても気に入ってしまい、一緒にオクトバーフェスタに行って ビールを飲み、テーブルの上でみんなで踊ったあの日。 すごかったけど、楽しそうでした。 私はカメラマン件、ビデオ撮影。

南ドイツを殆ど見て周り、 そしてミュンヘンから オーストリアにまで車で行き、モーツアルトの生家もみたり、 夜遅く運転していて、どこを走っているかわからなくなったこともあったし、 いろんな経験をした車でのドイツ旅行! やはり2500キロは疲れましたね。 風呂に入りたいと200キロ先のバーデンバーデンまでアウトバーンを飛ばして往復もしたし。 なんとまあすごい旅行をしたもんだ!!
でも 私のパートナーは ドイツ大好き人間で ドイツ語の勉強をずっとしており、 ドイツ語を使える良いチャンス。 でも??だったそうだ。   
オーストリア政府観光局公式サイト
モーツァルトの生まれた街


いろいろとヘルプしてくれた友人に感謝です。 

Hi from keiko

During my working period, I only visited Germany 2 times and only for biz meeting in Munich and Shuttgart. I also do remember I ate different sausage rather than other dishes there.

Well, so I have very poor memories in Germany during my working period but I visited South Germany with my partner when we were in Dallas.

I arrange our itinerary myself and my close friend who lives in Germany helped us a lot. He also gave me many good idea and booked accomodation near his village.

We flew from Dallas to Zurich and rent a car to travel South Germany for 1 week. Busy and awful schedule it was.

I myself visited Swiss many times because of my biz trip before but Zurich was my 2nd time because I always flew to Geneva.

We visited a couple places and stayed at B&B in Germany. Mostly we drove alternative way and we ate lunch in the car. Normally driving distance per day was around 400 km and total driving distance was 2500 km for 1 week.
It was my first time to drive autobahn with 180 km/hr and when I drove around 200 km/hr speed, I felt very tired because all my stress went to my shoulder and eyes which I had never driven such speed.
Travel Germany

Yes, we just kept following paper map ourselves and sometime we lost the way and had to find the right way. My partner has been studying German so many years and it was good lesson and practice for him.

I myself had a difficulty to get sleep every day because I had to follow all schedule what I made and jet lag! Sometime very tired for me to drive like 200km long driving distance.

Black Forest is the very famouse place in South Germany and yes, it was so pretty and beautiful scene and view from the window.

We were there around October Fasta and it was hard for me to book an accomodation before and I kept looking for the places where we can book through internet from Dallas.

So my German friend brought us to Oktoberfest in Stuttgart. He also brought his football teammate together and they drunk a lot and they were dancing on the table that most of people there were doing. I could not drink and I was a person whom I had to take photos and video tapes during Festa. But anyway, It was fun to see people drunk and dancing.


It was a bit too much to visit many places within a week but he wanted to see many places as much as we could. So we also drove to Austria to see Salzburg (An dieser Stelle stand bis 1849 das Haus in welchem Mozart am 5. Dezember 1791 gestorben ist.)

Vacation in Austria

We saw so many tourists from Asia there, too.

After Austria, we went back to Munich and then started driving toward Romantische Straße to see Königsschlösser Neuschwanstein und Hohenschwangau. But unluckily, it was under renovation period and we could not take a nice photo from outside because all construction was working.

We had a wonderful driving in Germany because we had nice weather and then last day when we left for Zurich, it started raining and this was our trip ending weather! ? But I really enjoyed seeing S. Germany through my eyes and walked on my foot a lot.

Dear my friend, MR. R. thanks for your help and we had a very wonderful time in Germany and met you!
スポンサーサイト

France

さて、ヨーロッパでイタリアと並んで頻繁に通っていた国、フランス。  一年に一度、国際見本市がパリで開かれていたので、その展示会にアテンドするために15年間通った私。 それ以外にも 仕事でフランスにはたびたび訪問していたので、 どれぐらい入国したのか覚えていない。

展示会はパリの郊外で開かれていた。 秋の終わりごろにあり、何時も寒くてがたがた震えながら
ホテルから展示会に地下鉄で通った日々。  会社のブースがあるために、ブースの設置からフランスに入り、 その傍ら私はフランスの他の会社とアポや商談をしていた。

展示会は4日間。 イタリア同様、私にとっては一番ハードな日々。 大体一日のアポイントは8件ぐらいあったので、 昼ごはんは本当にサンドイッチをブースの裏で隠れて食べたりしていた。
世界中のクライアントが来るので、その対応に追われていた私。でも年に1-2回、世界中のクライアントに会える楽しみもあった。 

フランスといえば ショッピング! と言っても私はいつも依頼されたり、ガイド役でした。
一度 ヴィトンに行った時、 なんと店の前にはすごい行列 そして中国人の男の人が私に寄ってきて、 キャッシュを渡すから 写真のかばんを買ってきてくれなんて! 私は仲買人でも買い付け人でもない! その当時は 一人何点までとか決められていて、それ以上は買えない時期があった。 今はどうか知らないが、 その中国人は 何点か本土に持って帰りたかったのだろう。でも ごめんなさい、と私は断った。  

他、フランスと言えば、美術館。 大体昔は一日もしくは半日ぐらいはフリータイムがあり、よくオルセー美術館やルーブルに行った。 ルーブルはとても2-3時間では見れない。 どちらかと言うと
オルセー美術館の方が好きだ! あとモネの蓮の絵オランジェリー美術館に数回行ったし オルセーにも。 
私の大好きなモネ! どちらかというと 印象派の絵が大好き。
感動したな!! 
ルーブル美術館
オランジェリー美術館
オルセー美術館

展示会以外での フランスでの仕事は OEMラインの仕事。 相手企業のブランド商品を
工場で生産するためのネゴなどに何度も通ったフランス。  本当にきつい出張の数々であった。
時間が有れば パリ市内のお店を一軒ずつ訪問して商品のチェックなどもよくしたもんだ。

最後のフランスでの仕事は フランス最大手のチェーン店の商品開発、生産! そのときにはフランス支社ができていたが、やはり私は支社長と一緒に そのチェーン店本部に行き、通訳や、商品の詳細、企画など 一日かかって商談をした。 それが多分 私にとってフランスでは一番大きなビジネスとなった。  もちろんお抱えのフランスの有名デザイナーもいたので、商談はものすごく緊張!
でも ビジネスになったので良かったよ。 ほっ!

フランスには空港が2つあって、 ドゴール空港と オルリー空港があり、どちらもよく利用した。
やはり コソボ戦争の時には ものすごくフライトが乱れて ドゴール発が オルリー空港からとか言うことがたびたびあった。 一番困ったのは、何時も最初はフランス語でアナウンスし、英語しかわからない人たちは何時も 切れる! 私もよく英語でアナウンスや説明をしてくれって何度も言った覚えがある。 だって大事な事だったら絶対に英語で聞かないとわからない。 

どうして英語しゃべらないの? こんな疑問はパリの市内を歩いていてもよくあった。 ポリスに道を聞いてもフランス語でーー 今はどうなんだろうか?    

Hi from keiko

I used to visit France many times during my working period. There is an international EXB. once in a year during fall and I had to attend the EXB. because many of my clients in the world came to discuss with me about new collection, cliam and futher talking.
All of our staff got into France 1 or 2 days before Exb. because we also had to help all out booth decoration as well as our samples prepartion etc.
I also had to make appointments to firms those who will have their booth in the EXB. before hand. Otherwise, I will miss biz talks.

Well, mostly half day would get free time for us and I myself used to visit museums a lotLouvre Museum offical website

I love Mone so I visited Musee de l"Orangerie オランジェリー美術館

Musee d'Orsay

Anyway, I vsited many museums in France myself a lot rather than shopping.

Well, Exb. itself was very busy and tough for myself and I had to make at least 7-8 appointments in a day and 4 days EXB. means that I had no rest even no lunch time exactly.
However, I was so happy to see many clients from all over the world!

We mostly attended the EXB. around 6-7 stuff from Japan and laterly a couple staff from French office and Germany office came to make biz.
We had to stay at an accomodation far fromo the EXB. hall because the rate just gone up during EXB. period and we had to find reasonable rate and accomodation. So we had to take a subway to the EXB. very early morning and came back to room very rate. So my body also got exhasted and no energy to talk every day after finishing.
Champs-Elysees-Wikipedia

I made a couple shopping and went to l'Avenue des Champs-Élysées to buy some requested stuff from my friends. I went to a few famouse branded shops myself and many Japanese or Chinese lined up in front of shops same as Italy. This was what I hated to cure the line but I had to. One day, a Chinese guy approached me to ask to buy one bag and he just gave me cash but I refused. There was limited quantity to buy in a shop and he wanted to buy many bags to bring back to his country. Well, I had no interests to buy branded goods for myself any more and just bought what I was requested.

My last work in France was to negotiate OEM products for a big chain stores in France and I had to go to the headoffice with G.M from France office and G,M from our head office to discuss
their desgins and details. It was long day for me to tranlsate from English to Japanese and sort out many issues there.

After that meeting, I also flew to France myself to go to the head office with GM from France office to renegotiate in final. After that I left all work and biz to the France office.
But I also felt accomplishment myself to start dealing with such a big firm in France.

After finishing EXB. and a couple biz talks, I had to fly to other countries from CD air port either Paris-Orly Airport-Wikipedia .

One day, it was very heavy storm and I supposed to fly from CD but the air port was closed because of storm and I did not have any announcement for a few hours and grand staff asked passengers to move to Orly Airport. I often got angry with staff in the air port because they only announced in French at first and then, we started shouting to them to speak English because we have no way to understand. So they started explaining in English,too.

Yes, when I lost my way in Paris, I asked polices but all answers were in French before. But young police tried to explain in English with their best.

I had so many good memories and not good one but I always realized how often I visited France for 15 years working period.

It is very fashionable country and felt they have long history. The buildings tell us how old and how they love art!

I also love art very much and France wans my favorite country to see many arts!


Belgium

しばらくごぶさたしてしまいました。 またぼちぼち書かなくちゃ。
ベルギーに一度だけ仕事で行きました。 ベルギーも先輩の仕事の
フォローアップで行き、また顧客リサーチもしてきました。

ベルギーには以前からNATOの本部があり、またアントワープではダイヤモンドの取引が行われ、そして日本人の大好きなチョコレートで有名だけ知っていた。 まあNATOはコソボ戦争のときにヨーロッパの全ルートのフライトはNATOから指示をもらって飛んでいた。 だから戦争真っ只中の時には、フライト時間はかなり遅延がでていたし、ルートなどについても厳しい規制があった。 私も何度もその遅延の中、ルート変更のフライトで次の国への出張時に はらはらどきどきの時があった。 

ベルギー

運悪くフランスからベルギーに飛んだその日は ベルギーは交通関係は全部ストライキをしていた日。空港からバス、電車まったく使えませんし、私はアントワープに行かなければ行けないのに、明日はストライキが終わるのかどうかもわからないまま、空港でタクシーを拾い、
ホテルまで行きました。 ホテルはNATOの本部に近いところで、 回りは何にもない! ブリュッセルにまで行くにもタクシーか電車を使わなければいけない。

まあとりあえず着いたその日は ぶらぶらNATOの本部ビルのあたりをうろうろしたり、展示会の後の訪問だったので、疲労がかなりたまっていた。

次の日にようやくスト回避! 電車でアントワープまで行き、交渉しなければ行けない会社に行った。女性の幹部と長い時間をネゴやクレイム処理のために費やし、 殆ど一日が過ぎてしまった。 

長かった割には実りの無いミーティングだった。
そして夕方近く、一人でぶらりぶらり ユダヤ人街に歩いて ダイヤモンドの競り市というのがどんなものか見てきた。 
黒い洋服、そして長いあご髭、 黒いとんがった帽子をかぶったユダヤ人がたくさんいた。 ダイヤモンド? まったく私には興味もありませんでした。

価格がどれぐらいするのか、どんなダイヤモンドが売れているのかをちらっと知ったぐらいで、あとはチョコレート専門店に行ったぐらいかな。 ダウンタウンはちょっと危険なので 気をつけてください。麻薬などを売る人間もあちらこちらにいたし、目を合わせないようにしていた私。

私にとってはベルギーは物価が高い国の印象だし、あまり良い印象は無かったけど、
当時、私が働いていた会社のヨーロッパ市場開拓の仕事をベルギー人が一部していたので、彼とはいろんな事を展示会で話したりしていた。丁度アントワープに住んでいるということで、
出張前に知らせておいた。。 奥様は日本人で、日本語もかなり理解できる人。

彼とは少しだけ彼にアントワープで会って、ベルギーという国、市場について教えてもらった。

あとはまあいつものように、イエローページや 専門誌で企業を調べての訪問! でもベルギーは後にも先にもこの出張一回だけでした。

アントワープからまたブリュッセルに電車でもどり、(行く時に、電車の駅の切符売りのおばさんとちょっともめた私、不親切で、ぶーたら何か英語で言ったのが私の耳に入ってしまいまして、客にそんな態度で良いの?って嫌味を言っていた私)。 帰りはその女性がいませんようにと願いながら駅でまたホテルまでの切符を買った。 戻るまえに2-3時間ほどダウンタウンをぶらぶらしようと思い。
グラン・プラス Grand-Place、 グラン・サブロン広場 Place du Grand-Sablon、小便小僧 Manneken-Pisを歩いて見た。

小便小僧はちいさくてかわいかったよ!! ミニチュアの小僧をお土産に買った私。

あまり良い想い出は無いけど、きれいな国、歴史のある国です。 ベルギー人の彼どうしているのだろうかな? 何時も展示会に私にチョコレートをお土産に持って来てくれた彼。 あの貝殻のチョコレートが大好きな私です。 
ベルギーについて

Hi from Keiko
I had visited Belgium once before on my biz trip. It was same situation as other Eruopean countries. well, so long as I had to attend SILMO nternational EXB. in France, I could drop any countries after EXB. So I flew from Paris to Brussels one day and then happened there because all transportation got on strike for the government when I arrived at the air port.

I was going to take a train to a hotel where I was going to stay but nothing was available except Taxi. But it was long cure and I had to wait for a few hours after long and busy days of EXB. in France. Anyway, I took a taxi to the hotel and it was closed to Nato head office.

After reaching the hotel, I had nothing to do and I just kept working around the hotel and went to see Nato head office! yes, it was the place where I had been seen on TV. Around that period, Kosobo war was on and on.
All flights had to have an instruction from Nato in Europe.

Belgium is famouse for Diamond dealing, Choco! and to me, Nato head office is there.

I had to go to Antowerp where was located the firm that I had to negotiate. So I kept praying for strike cancellation and it was. I took a train to Antowerp next morning and visited the firm to negotiate our sent samples as well as biz possiblities. The boss was a poweful and tough woman so that I had kind of difficulties to negotiate and discuss. Well, biz in Belugium was not going well and one of our staff who is Belgian and who can speak English as well as Japanese becase his wife is Japanese. He tried to take care of Belgium market but---/
Anyway, I met him because he lives in Antowerp and got to talk many things about the country and the market.
After finishing the meetings, I myself went to down town to see Diamond dealings which are very famouse in this world. yes, I saw many Jews who wore black clothes, black hat, and long bears so on. I was no interested in Diamond or any jewelly, I just wanted to know how or what like!
Then I went to see Choco shops but most of them were quite expensive.

Next day, I moved to Brussels by the train. When I was heading to Antowerp by the train, I had a bit fight with a lady who sells train tickets at the station. She was not kind enough to explain how to get the train or further information because I am foreigners whom I did not speak or undestand their language but I heard something in English she spoked to me very rude way and I got angry and talked back to her.

When I was on the way back to brussles, I did hope she was not there! Yes, she was not.
I had a couple hours myself and I visited Grand-Place、 Place du Grand-Sablon、Manneken-Pis on foot. I walked around a couple hours to move around to see there.
Yes, it is very beautiful country and long history but to me, it was first time and my last visit and I could not find any intersting stuff for myself. Out Belgian staff often visited our head office in Japan and brought shell style choco which I loved to eat! I do not know how he has been doing! I wish I could hear something from him.


Belgium

Belgian Tourist Office

UK

イギリスも先輩から受け継いだ市場プラス、私はOEMの仕事のためにひたすら1社をアタックしていたところ。 イギリス本土では 1社だけ彼から引継ぎをして、2回ほどロンドンでミーティングをしていた。 親子で経営しているファミリー企業で、 お父様はとっても紳士的な方、息子さんは重い病を持ちながら必死で仕事を頑張っていた。  しかしイギリスは他のヨーロッパの市場とはかなり違うような気がした。 どちらかというとアメリカ的な市場のようだ。 デザインもカラーも、フランスやドイツやイタリアとはかなり違っていた。   なかなかイギリスでは売り上げがあげるのは困難でしたが、すりあわせや、あちこちまた一人でロンドン市内を歩いて市場調査をしたりしていた私。 大体ロンドンに行くと 雨、曇り、どんより天気でした。 よく雨が降る国だああと何時も傘を持参していた私。
ロンドンでの観光? ほとんどしておりません。 オックスフォードストリートが皆さんよく行くところとか聞いていたので、歩いて見たけど?? 有名なデパートも私にとってはあまり興味も無く、ひたすら仕事をしていました。
そうそう 大英博物館に一度だけ行きました。 ここは最高の博物館、きっとヨーロッパで一番すごい博物館だと思います。 エジプトのミイラや遺跡から発掘されたものがたくさんありました。
大英博物館

地下鉄を利用して(これがまた複雑だし、東京のようにかなり地下にもぐっている)本当に右も左もわからないところを歩き続けた。 何時も足が棒のようになっていた。 一度、風邪を引き、
熱が38度ぐらい。 もう朦朧としながら、でも仕事がある。 日本から持ってきた薬を飲みながら、水を買い、何とか持ちこたえた。

1社 大きなチェーン店をアタックしていた私、やっとアポまで取り付けた。でも ロンドンからまた飛行機で飛ばなければいけないところ。 チャンネルアイランドのひとつである ガンジー島(Guernsey island ) ヒースロー空港からのフライトは無く、 何時もヒースローからGATWICK 空港までタクシーで行き、そこから ガンジー島にある本社に行っていた。
ガーンジー島
チャンネル島

巨大なチェーン店を統括する本部、 やはり仕入れに関してはものすごい厳しい商品管理。
企画、提案などをこちらから出し、そして長い長い道のりで商品作りがスタート。 まあ取引できるまでに相当こちらからアタックをしてきた私。 アポが取れただけでもかなり満足。 じゃあ次は受注だあ。
とにかく細かくて、厳しい。 何度も商品の詳細を確認しながらサンプルを作ってもらい、それがOKになるまでに時間がかかった。 そして生産がスタート。 納品までに大変な神経を使った。
ミスは許されない世界。 出張から帰ってからも ぴりぴりと仕事を夜遅くまでしていた。 時差があるために やはり私はヨーロッパ時間に合わせなければ。 時には南米時間にも。 

でも納品できた時のあの感激、そして信用をもらってからまた次への商品展開。 いろんなことがあったけど、自分なりに達成感はあった。  やった!!

ガンジー島では ミーティングをとにかく2日は取っていた。 一日はフルに商談、次の日はお店に行って、商品のラインの勉強!  でも仕入れ担当の人が、 この島に来たのだから やはりあちらこちら見てくださいと言ってくれ、一人で地図を持ち いつものようにぶらりぶらり歩いたり、ローカルバスに乗って島を一周したりした。

クライアントが何時も予約してくれたB&B(ホテルではありません) B&B where I used to stay.
B&B


かわいい庭がありました。 There is a beautiful garden in B&B.
garden


海辺まで歩いて行きました。(宿から大体2時間ぐらいかかった) I took a long walk to the port.
port


海岸沿い。 around port and downtown area.
port1


宿から海岸沿いにいくまでに 見つけた小さな教会です。 リトルチャーチと言います。
on the way to the port, I found this little church.

church

ちょうどその時BSEの問題があり、牧場には入らないようにというお達しが空港であり、ひたすらてくてく道路を歩きながら いろんなものを発見!   

しんどい仕事、でも新しい発見、そしていろんな人に出会いながら、仕事が進んだイギリス市場。
ロンドンでも 彼らのチェーン店の何店舗かに訪問していろんな商品を見ながら、次の提案をまた考えていた私。

ロンドン、私にとっては仕事オンリー! レストランを探すのも大変だったし やはりUKポンドがあまりにも高いので、 ファーストフードに入ってもなんだか目を疑うような値段。
チップアンドフィッシュを2度ほど食べたけど、やはり一人で食べに入ったレストランは インド料理!

ロンドンでおいしいもの? 
ガンジー島では クライアントにおいしいレストランに連れて行ってもらいました。 おしゃれなレストランでした。 そして彼女のおうちにまでお邪魔して いろんな事をお話したあの日。 懐かしい。
彼女=中国人でした。 



Hi from keiko
I also got UK market from my co-worker but I had been reserching other clients for OEM line to deal with myself. I visited London a couple times to see our existing client.
They are family biz and father and son working together. They were very nice British gentlmen.
At that time the son was sick and I was worried about hiim sometime and sent a couple email how he was doing from Japan. Biz in UK market is not easy and the market was totally different from other Eurpean countries where I was in. There was own taste what I may say, it would be similar to the US or Australia markets ( I felt)

I visited London only biz trip because UK pond was so high and everything was so expensive.
I always took a train from Heathrow air port to downtown by a train even I carried very heavy lugggages. In London, I kept working and concentrate to find their market situation and reserch.

Only I had a chance to go to British museum once and I really loved it. Because so many stuff from all over the world were there.
British Museum

Many people said to me that it is great shopping areas but to me, I just did not have any interests there even Oxford street. It was a bit complicated for me to use MRT in London because so many lines. However, it was no way to use MRT just because Taxi was very expensive to use.

The later on, I finally got an appointment with a big chain stores in UK which was very difficult to get into. But I did it and visited their head office where is located Gernsey island which I had never ever heard until I got an appointment.

I had to fly from Heathrow air port at first and took a bus or taxi to Gatwick air port where the flight goes to Gurnsey island.
Of course, I checked the way and about Channel island before my visiting.
Our contracted tourist agent asked me why you had to go there? I guess no one from our filed went to there on biz trip.

Anyway I flew there to start discussing and negotiating biz. It was super tough negotiations and procedure myself because I had to take care everhthing myself and brought details to Japan to proceed. No mistakes were allowed. Well, that was the reason they are very good biz for UK market.

I mostly spent 2 days there and whole one day was meeting and next half day or so, they brought me one of their shop in Gurnsery island down town to see their products. I also went to their shops in London.

It is tiny island but ---. Many big firms head offices were there.
The Channel Islands
Guernsey

I spent many days to follow up and we started dealing with and it was a great biz for us. Of course, I used a lot of energy to fllow up but the end, result came into myself and I was proud of myself to get into such big chain stores to deal with.

One day after meeting, a person in charge with our firm took me to a nice restaurant there and we talked a lot. She is Chinese and she was also a very tough biz woman whom I was dealing with. But when we talked many things during eating, we enjoyed having our time talking different subjects and she brought me to her house after ate.

Tough meeting, but enjoyed meeting a nice person.
She also recomended me to see Gurnsey island and I took a half day off to see around.
I used local buses to see whole island. It took a couple hours to see whole island.
I also took a long walk one day from B&B to the ocean side and down town. It took about 4 hours on my foot! (One way!) but I saw nice and beautiful gardens and houses on the way to the down town.

It would be very interesting to visit and see the Channel islands if you would have time!

Spain 2

一度だけバルセロナだけ飛んだ。 バイインググループの本部があるという情報を得たので、ヨーロッパの展示会の帰りに寄った。 

バルセロナ空港はあまり記憶に無いが、暑い日で、サンプルバックを持ちながら汗だくになってオフィス探しをし、そして交渉した。 その後その本部の人たちは フランスやイタリアの展示会にも来てくれていたが、
新参者はとにかく大変だ!やはり取引までにはいたらなかった。 バイインググループも中身はかなり複雑であり、共同購買というシステムなのだが、デザインや価格等の話になると、ものすごく
大変だった。 数は取れるだろうが、不定期だし、売れるものがあると、直ぐにのり移る傾向があるように感じた。 

バルセロナといえば サグラダファミリアで有名! 私も時間を見つけて行ってみた。 日本人が一人
中で修復作業をしていると聞いていたけど、彼はいなかった!
サグラダファミリア

サグラダファミリア2

もう圧倒された建物。 今までに見たことも無いようなデザインと高さ、そして彫刻だった。感動はもちろん! そしてどうやってこの建築物ができたのだろうかという疑問がずっとあった。

この高所恐怖症の私も途中までエレベーターと階段を使って登ったけど、それ以上はやはりめまいと立ちくらみがしてだめだった。
サグラダファミリア

もうひとつ 仕事の後に教えてもらった場所に行った。 ピカソ美術館だ。
ピカソ美術館
わかりにくい場所にあり、私も迷子になりながら探し、やっと見つけて入った。 ピカソの若い頃の作品もたくさんあり、特に馬の絵はすごかった。 キュビスム時代の絵もあったが、やはり私は彼の若い頃の絵に引かれた。 誰が見ても 絵画!  へえ これがピカソの絵なんだって感動しながら、一人ピカソの絵にうっとり。 

 パブロ・ピカソ 

ランチはパエリアを海辺の屋台みたいなところで食べました。 おいしかったなあ。 でも仕事的にはすごく神経を使い、そして交渉もかなり長かった。 でもやるべき事はやったつもりだが 結果はまだでなかった。 
バルセロナ 観光やハネムーンで行くには最高かも! 私はかなりのプレッシャーの中 合間を見て
駆け足で2つの観光地に行ったけど、もっとのんびり、心を休めて見たかったなああ。
ひたすら歩いて 市場調査をした バルセロナのダウンタウン。 
市場調査


Hi from keiko
I flew to Barcelona once because I got an information that there was a big buying group's head office was there. So I only visited Barcelona in Spain once and I still remeber I took a long walk with carrying my samples bag to find the office.

It was tough meeting and negotiations for me and they visited our stand during France or Italy Exb. but we could not get into the groupe.

After tough meeting, I had a few hours free time and visited Sagrada Familia. It is amazing
architecture which I had never seen in my life.

I went inside to see museum because I had heard one Japanese guy has been working for restoration but I could not see him at that time.
I am an acrophobia but I used lift to go up to the middle and used stair to go to the certin place to look down. But I started shaking my body and sweat a lot. So I only took a couple photos and went to down. I wish I was not acrophobia but I am.

I also went to Picaso museum alone and it was hard to find the place. I lost the way and kept asking people and finally reached to the place.
Picaso museum
Picasso

I saw his youth period arts which I got suprised to see his paintings were like very clear to understand objects. I love his painging "Hourse" and it was ready to run from the white canvas!

Very worth to see his art! and Sagrada Familia.






Spain

トレド
スペインも先輩のテリトリーだったけど、ポルトガル同様になった。 スペインは市場的に大きく、
ヨーロッパの企業がメインのような市場だった。 まずは企業リサーチからスタート。最初は片っ端から情報雑誌の企業を訪問していた私。 またスペインでの展示会にも行き、アポ取り、そして商談など全部なんとかやっていた私。

スペイン

最終的に3社! 2社は先輩がいろいろと話をしてきた企業であったが 結構問題もあったけど、何とかすっきり取引できるようになるまでに相当時間をかけて交渉した私。 

でも私は1社、どうしても取引ができればという企業があり、そこに徹底攻撃をしたけど、 取引までには時間がかかった。でもこのボスならと思う企業と最終的に取引ができた。 とっても紳士的なボスでそして彼からいろんな事を学んだ私。 スペインの市場のことや 国のことなど。  大きな取引まではできなかったけど、彼には本当に感謝しています。

スペインでは マドリード周辺にある企業が中心で、どこに行くにでもマドリードの地下鉄でサンプルを持ちながら移動していた。 結構複雑な地下鉄のラインで、よく間違えたものだったけど、一番早く、安くそして便利な地下鉄をひたすら使っていた。  

そんな地下鉄の移動にも慣れて、よく地下鉄を利用していました。 
特に私はマドリードにある 5月広場(Plaza de Mayo)が大好きになった。 市場調査をするために地下鉄を使いながら、途中下車して(SOL)、お店をチェックし続け、そんなときに 5月広場を見つけたんです。

必死に近くを歩き回っていた私。 毎回スペインに出張に行くと、そこに私は行く。 なぜなんだろう? ただ長方形の広場の中を歩いて、古い建物を見ながら、音楽に酔いしれ、そして てくてくと歩いていただけなのに。 何かに引かれていた。 なんだろうか? 

他、地下鉄でVENTAS(闘牛場のあるところ)にも下車してみたり、ドンキホーテーの像を見たり。スペインの地下鉄は便利でした。 

タクシーは要注意でした。 何時も空港からホテルまではタクシーだった。 数回、何故か遠回りをしているような気がして! やはりそうだった。 タクシーは要注意とガイドに書いてあったけど、その通りでした。 

一度 あまりにもひどい時があり、中心地区の方に行くはずが、何故か山際へ遠回りをしているのがわかった。 ここの道違うんですけどとひたすら英語で言い、持っていたスペイン語の辞書を使っても言って見たけど 無視された。 結局何時も着く時間よりも1時間以上はかかっていたし、料金も倍! 頭にきた私! タクシーの番号を控え、領収証を持って警察に行った。 いろいろと説明し、 文句をいっぱい言って帰ってきた私。 

ホテルも数回嫌な思いをした経験がある。

とにかくホテルの予約は日本の代理店から入れてもらって、オフィスに近いところで便利なところ。
マドリード近辺はホテルが高いんです。 だからそれも考えてホテルを取ってもらったけど、2回ほど最悪のところにあたった。 一回目は何とホテルのバスタブ、水しか出ない! フロントに文句を言うと、今日はここしか無いから。 これもまた頭にきましたね。 ちょうど近くにホテルがあったので、 聞きに行って、部屋も見せてもらい、 荷物を引きずって民族? いや私の移動! 疲れているのに何で?と思いながら、でも変えて良かった。  

もう一回は とにかく騒音や雑音がひどかった!! これも同じように 近くにホテルを探しに行き、 移動。 荷物も30キロ+サンプルなど持っているので、大変だった。

まあ これも経験のひとつさ!なんて 本当はぷっつん切れていた私だけどね。
ランチは一人で大体 ローカルのファーストフードに、もしくはテイクアウトでホテルで食べていました。
お昼休みが長いオフィスもあったし、 朝のアポが終わると 午後からのアポまで開くため、大体一人でうろうろしていた私。 夕食も一人でしたね。 言葉がわからないと、あの人が食べているものとか言って指をさして オーダーしたり、 小さな辞書を持って行って、それからいろいろと言葉を拾ってしゃべったりしていました。  スペインでおいしかったもの? 生ハムとチーズかな。 と言ってもお酒もほとんど飲めない私、ひたすら食べるだけ。

スペインはショッピングパラダイスというのを知ったのは 行き始めて中ごろかな。 冬物をバーゲンするところを見つけ、それもスペインではそれほど有名でない バーバーリーのコートなどが日本の半額以下以上で変えたり、 あとZARAというスペインでは有名だったブティックのバーゲンがすごく楽しみだった。 と言っても一度だけしかそのバーゲン時期行けなかった私。 

最後には プラド美術館にも足を伸ばしたことがあった。 プラド美術館 有名なゴヤの作品をみて感動!

私が仕事を辞めてから あのマドリードでの電車の爆破があった。 テロだった。 ショックでスペインへもメールをした。 あの電車は私もよく利用した。 それ以後もあちこちでETAが問題を起こしている。
平和的な解決をしてほしい。 何時もそう願う私。 どうして罪の無い人たちを殺害するのか?
亡くなった方々のご冥福をお祈りいたします。
Stork nest (立ても物天辺にこうのとりの巣を見つけた)
こうの鳥の巣

大好きだった五月広場 (Plaza de Mayo)
五月広場

いろんな事を教えてくれたボスが 一度行ってみたらと進めてくれたところ。 TOREDO
トレド


Hi from keiko
Spain was also same situation as Portugal market. I had no idea about the market condition and only I got some inforamtion from my co-worker.

But the samples what he sent to, was solid firm not like Portugal.
I visited the firm to start negotiating again and there was many issues have to be sorted out together. Pricing, design and term and condition etc.
It was not easy for me to negotiate because I really did not know the firm because I only got an rough information. But tried to talk and discuss with them a lot and sometime 2 days meetings and they brought me the market to servey or check their trend or taste.

Yes, a lot of work. At that time I had to take care of 2 firms and started pending issues made me feel very stressful trips to Spain. After a couple time visiting, slowly I understood about the firms and markets.

Later on, I found 1 firm which I really wanted to deal with because I felt their way of biz was very organized and they had special tactics for marketing. The boss was a very gentleman but tough biz man. I visited his office a couple times and finally he opened their firm door for us.
He explained and taught me about Spain market a lot. So I like Spain because I had a lot of experiences through finding firms, negotiating and solving problems together.

During my visiting Spain, I also had a lot of experiences!
Taking taxi in Spain would have to be careful because some drivers intended to cheat.
One time, I took a taxi from the air port to a hotel where I was going to stay. I know how long and and how much I should pay roughly. But the driver used different road closed to Mt side and started feeling this was very wrong!! I asked the driver to go to the hotel directly and this road was wrong in English and also read Spanish dictionary but he kept driving and reached to the hotel was kind of late. So I took the number, driver's name myself and went to a police station to explain how I was cheated. Well, only few policemen could understand English and I wrote police report and explained all. It took around 2 hours to stay in the police station and then back to the hotel to relax!

Other problems were about my accomodation. I used to ask our travel agent in Japan to book my accomodation in Europe. When I arrived at the hotel from the air port, I wanted to take a shower but cold water came! I complained and they told me that this room was only available at this moment. I had to stay for a few days with having only cold water? No way and I went to outside to look for an accomodation myself and then shifted to another one which I found myself.

I did it this kind of problme two times in Spain.

Most of accomodations in Madrid were quite expensive but most of my clients's offices were located in Madrid. It is also convenient to stay in the center because I could take MRT to move around instead of taking a taxi.

The boss whom I wanted to deal with, he recomended me to visit a couple tourist areas and I did it by using MRT except Toredo.

My favorite place in Madrid is Plaza de Mayo and I did not know the reason but whenever I went to Spain, I visited there just because I wanted to be there to feel something. It is peaceful place for me and feel their histrorical place.

If I were crazy abotu shipping, Spain would be a great place to go shopping during bergain seasons.

I bought very branded coat with very good price because the brand came from UK and it was not good sales for Spain market but to Japanese, this brand is super and I also love BB.

I also visited the Zara and I love their simple design with very good quality. Those two branded stuff I love to buy when I was in Spain during bergain season. But I was there only 1 time during that season.

I also love art and visted Museo del Prado one time. I spent a couple hours to see Goya's art.
I like the Impressionists art but Goya's art was something touched my heart.

A couple years ago, there was terroists bombing in Madrid and many people on the train were killed. I would like to express my condolences to people who lost loved one and friends.
I used to take that train many times during my biz trip and I was so shocked when I heard this insidents. Please let us have peaceful world and life!

Spain is the beautiful country to visit to see!!

Portuguesa

ちょっとヨーロッパの端のポルトガルについて書いてみよう。  そう 日本とゆかりの深い国!

ポルトガル
ポルトガルも辞められた先輩の仕事を引き継いだ私。 まあどこでも行って、いろんな経験をしてみようというのが私のモットーでしたし、行って見ないとまったくわからない市場、世界。 そんな好奇心と、可能性を求めてポルトガルに飛んだ。 最初の私の使命は一社にサンプルを発送してあった代金を回収することと、 代理店を見つけるため。 同僚からいろんな情報をもらって リスボンではなくポルトに飛んだ。リスボンからシャトル便が飛んでいたので、とりあえず住所を持って飛んだ。 

事務所の住所までタクシーで行き、ここだよと下ろされたが? ここはオフィス街でも何でもない。でも住所をたどって 2階建てだったかな? ドアが開いていたので のこのこ入っていったわたし。 ちょっとばかり怖かったけど、何かあったらでかい声を出す、セキュリティーアラームを何時も持参していたので。 そんな問題じゃなかったかも。

入ったら 部屋は空っぽ。真っ暗闇。 トンズらしたのか、最初からサンプル目当てなのかまったく?? とりあえず状況を会社に説明した。  近所で聞いたけど ポルトガル語?まったくわからない私なので、だめだった。

ポルトといえば ワインがおいしいところなんですーーーう。 でも朝飛んで、夕方リスボンに戻ってきただけの日帰り。 ランチも食べずに。。

リスボンについて、さあ企業探しだああ。 数社ピックアップしてきたので、またいつものように訪問開始。 ポルトガルは問屋形態がかなり複雑といういうか、大きな小売店が集まってバイインググループなるものを作って、買い付けをしたり、チェーン店があったりと、なかなか問屋は大変だということが
訪問してわかったこと。 

とりあえず一社、 商品に興味があるという企業が見つかった。ボスは当時でもう70歳ぐらいの方だったろうか。とても紳士で、英語も堪能だし、ポルトガルの歴史などについてもいろいろ私に語ってくれた。 彼もそのサンプル詐欺の住所や情報などを調べてくれたが、やはり探し出すことができなかった。

ポルトガルは、2,3回目とフランスの展示会の後に訪問したりしていた私。 少しずつだが商品も流れるようになってきた。  バイインググループ(小売店が集まって商品=量を買い込むシステム)にも他の商品を持参して商談にも行ったが、手ごわいし、形態が複雑。 結局調べたのみで 取引にまではならなかった。

とにかく1社だけ取引をしながら、市場を構築していこう、頑張ってみようと思った。 
彼のスタッフとよくあちこちのお店に市場調査にも行った私。 やはりそれが一番の私にとっての大切な時間である。 何が売れるのか、どんなものが売れているのか、人のファッションなどを細かく
観察する、メモを取る、これがいつもの私の市場調査のやり方である。

一度だけその社長がランチに誘ってくれた。 何とテラスのあるレストランでおしゃれなランチ。
彼が出してくれたワイン。 これがポルトーワインだよって。 赤ワインでとってもとってもおいしいワイン。 フルーティーで、そして高貴な味、 あのワインの味は今でも覚えている。年代など聞くの忘れた私。あまりにもおいしかったし、社長の話に聞き入ってしまって。  

ランチを終え、しばらくホテルで休み、(大体のお店はお昼は閉まっていましたので) 夕方近くからまた一人で 市場調査や 地図を持って ダウンタウンに行ってみた。 社長が説明してくれた アンゴラの植民地のこと。 だから結構アンゴラからの移民が多いし、ポルトガルからアンゴラまでもフライトがある。 ダウンタウンはアンゴラ人も結構いた。 

ダウンタウンから歩いて海岸にまでいける。 大きなモニュメントもあった。
Padrao dos Descobrimentos(発見の記念碑) 

あとは 本当に電車で町まで行って お店を回ってホテルに戻ってひたすら仕事。
ああポルトーをもう少し見ておけばよかったなあ。 ちょっと後悔。 

でも御世話になった社長さん ホセ氏、名前も顔もまだ覚えています。お元気でいらっしゃれば。

Obligada!

ポルトガル観光案内

Hi from keiko
Sorry for my slow writing in English!
Portugal!! Yes, Japan has a close connection with this country.

Portugal market was also taking care of my co-worker and suddenly he resigned. So I took over his territory because I was working with our clients in UK and France under OEM products.
It was easier for me to drop his territories after my biz trip.

My 1st work in Portugal market was collecting a payment from a firm in Porto. I just got their address and flew to Porto from Lisboa. Then took a cab to the written address alone and knocked the office door but no one was there. It was dark and empty office. I tried to ask someone around the area. Unfortunately no on could speak English and I could not understand Portuguese at all. So I was looking around the area and returned to Lisboa to find a reliable client.

I visited a couple firms in Lisboa and found one firm that has well organized firm. The boss was also very a gentleman and he tried to assist the problem in Porto but could not sort out.

There are many people who just requested samples without pay. Well, I myself had to see their clients face and office at first and then started talking about biz.

Anyhow, I started negotiating with the firm for Portugal market and he was a tough biz man for me but he taught me a lot about the country and market condition etc.

One day, he brought me to have a lunch at a nice restaurant closed to his office and he ordered Porto wine for me! Well, I did not drink a lot and one glass of wine made my face blush!
but, but it was very tasty and fantastic fruity red wine which I still remember the taste.
Portugal was tough market because there was a big buying group existing.
They just try to buy whatever they want to from factories etc because they could get quantity and they could press their prices.

Many wholesalers were having problem because they could not controle the buying groups. So I tried to push small quantity at first and the same time, I visited many shops and buying groups to check their handling products and price situation.

Slowly their sales in Portugal was increasing because I got to know the market condition after reserching and discussing with them a lot about how our products could get into the market and sales strategy together.

I took a lot of walk to servey the market myself and I only visited downtown in Lisboa to see tourist place. I kept just working and working there without any relaxing!!

But I met a nice gentlman whose name was MR. Hose and he was one who taught me a lot about Portugal's history and wine!!

Obligada!


Greece

ギリシャ政府観光局

思い出深いギリシャ! この思い出深いという意味。旅は何時もいろんな問題やトラブルが起こっても
最後は良い思い出の方が強く残っているのに、ギリシャだけは結構、未だに引きずっておりますね。

ギリシャの市場というものほど大変なところは無かった。 というのも市場自体をほとんど知らなかった私。 いくら調べたり、人に聞いたりしてきても ぴんと来なかった。 

イタリアやフランスの展示会では2社ぐらいは時々立ち寄っていた。 ギリシャ人の友人たるものも一人もいなかったし、ヨーロッパの友人たちに聞いてもいろいろ。 ということで やはり行きました。 最初2回ほどは、とにかく企業探しからのスタート。  何社訪問したろうか? かなり個性の強い人たちが多いという感想。

そのうち1社が 以前私たちが取得した国際ブランドを取り扱っていたとか。 それでその一社と交渉をし始めた。 親子、2代で築きあげたビジネスだそう。 2代目と交渉し、彼が市場をずっと案内しながら説明してくれた。 親切でまじめな人に見えたし 私と10歳ぐらいは若そうだった。 
これだけ世界中の人たちと仕事すると、大体第一印象でその人のある程度のことがわかる。 匂いでね。(戌年の私ですから) 

取引は容易ではなかったし、ギリシャの市場事態が 他の国とはかなり違うなと感じた私。  しばらく取引をしながらーーー。ある日突然、連絡が途絶えた。 電話も出ない、郵便も届かない。 商品の代金が少し残っていた。 

今まで仕事をしてきて、unpaidされたことが一度も無かった私。 お客さんとも全部、信用という言葉で仕事をしてきて、お互いに交渉や 問題解決などありとあらゆる手段で、本当に支払いは滞り無かった。 これが私の唯一の自慢だった。 が ギリシャだけは ”やられた”

どうしてだろう、あれだけ腹を割って仕事をしてきたのに、突然。 レストラン事業だってしていた彼。
支払いをしてもらうのに 私はギリシャに展示会の帰りに寄った。 まずはどうやったら問題解決ができるのか、 日本で言うと中小企業関連の公的なオフィス、そして無料弁護相談所にまで行って、相談をした。  その滞在も とにかくその会社には連絡し、彼のオフィスにまで行って、事務所の前で4-5時間は私は一人で待っていた。 結局人の出入りの気配が無いために、置手紙を事務所に置いて とりあえず ホテルに戻った私。

そして彼から電話があった。 夜、会いに行くからと。 彼は来た。 いろんな事を話していたが、やはり仕事の有るべき姿勢を私なりに説明し、清算してもらうようにお願いした。 彼はとにかくできるだけの事はすると言って別れた。 もちろん署名もしてもらった。

でもそんな署名も、ただの紙切れになっていた。  なんだか悲しくなって 脱力感が一度に出てしまった。  とにかく会社側には事情を全部説明し、これ以上経費をかけれないことも。

私にとっては15年の世界の仕事の中で一度だけの 虚しさ、人を信じて裏切られたという自分への情けなさでいっぱいだった。   アテネオリンピックが開催される数年前の出来事でした。

ギリシャ、 私が心に残る思い出は ホテル~歩いて30分ぐらいのところに アクロポリスがあり、
一人で てくてく歩いてまわった。  心にもやもやをもちながら。 でもアクロポリスはすごかったなあ。 そして国立博物館もぶらり。 

素敵なギリシャ、白亜のギリシャと言われるけど、なんとなく私には未だにすっきりしないなああ。

あとタクシーのドライバーもかなり不親切だった。 町でタクシーを拾うのに2時間はかかった。 知らん顔して通りすぎるタクシーたちに頭にきた 私、 近くの警察署まで行って どうしてこう観光客に不親切なんですか?と怒りをぶち巻いた。 結局ポリスがタクシーを止めてくれた。 このタクシーのトラブルも数え切れないぐらいあった。 

アテネオリンピックを控えて、もう少し観光客やビジネスマンに優しくても良いのにーーー。ぶつぶつ言いながらギリシャにいたわたし。
地下鉄を建設ラッシュ、でも掘れば 遺跡がどんどん出てきて、ルートを何度も変えたということを聞いていた。 だからあちこちもう工事現場だらけだった時代。
無事にアテネオリンピックも終わって良かった。

でもアテネも青い空が何時も私を待っててくれた。

Hi from keiko
Greece! I had a quite upset experience there. Thought I had many good memories and not good memories in most of countries where I visited. However, after all, I only left great memories as well as got many nice friends in each country.

However, Greece was not. It was not easy market for myself and for any one whom I had heard.
So long as we got an international trade mark and produced our products under the brand, I know many compaines used to deal with ex-licensee. So I checked the firms and visited many firms in Athens.
Greece

Athens is very crowded city and I only know Acropolis areas and the rest of areas would be only offices.

I visited one firm which they used to an previous agent and the boss was like younger than me.
But we had a lot of seriouse biz discussion and meeting. He also took me to many shops to show their handling products. Anyway, I started dealing with him slowly with small quantity.
After a few year, we lost his contact and I kept calling to his office and sent post mail notice etc which I did it my best way to reach him but I could not reach.

One day, I visited Athens after Exb. in Italy, I went to his office and waited out side for 4-5 hours alone. But I could not meet him and left my message at the door and came back to the hotel.

The night I got his call and we met near our hotel. I told what I felt and I wanted him to be honest and asked him to return goods either pay the balance either way. I got his promise with his sign. But it was useless and he just lied to me at last. I visited a law firm and also an office where I got free consalutation etc to find the way what I can clear the problem. But it was very difficult case and amount was small for bringing a court case.

I had never ever had such unpaid biz for 15 years during my career period. I always checked each clients and took time to negotiate and then built our solid biz relationship under Trust!
This word of Trust should be effected in any biz world except people who tried to cheat.

Well, So I still had a not pleasant memories in Greece even now.

Also whenever I had to take a cab, I had to wait a couple hours to catch and they were not kind for tourists what I felt. I went to a police station many times to complain and let them to stop a cab for me. It was a couple years before the Athens Olympics game started.

I often stayed in the center of Athens because it was easy to move around for marketing and gathering information.

Whenever I got my time, I took a walk to Acropolis area alone. I guess I visited 2 times and walked around the area. Other wise, nothing to see in Athens or did not feel I wanted to go any other places by such unplesant transportation system. (sorry to say that but it was true)

Acropolis and National museum what I got very interseted to see myself.アクロポリス

アクロポリスに登る

歩く


When I was in Athens, eveywhere got construction because of Olympic would be soon and whenever they digged under ground for metro, they found the remains of ancient stuff and they had to change their route.

The Olimpic was held in 2000 finally and I was watching Judou!

I know blue sky was always fllowing with me in Athens and kept finding luck but my heart was not same color as blue.

第「507回最近すごくうれしかったことは?」

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当浜地です。
今日のテーマは、「最近すごく嬉しかったことは?」です。


実は私、最近お付き合いしていた人とお別れすることになりまして。。。

すんごい落ち込んでいたんです><

そしたら。。。

仲の良いFC2スタッフの人たちが

アツい飲み会を開いてくれて(´・ω・`)

なんか悲しいのを忘れるぐらいい嬉しかったんです...
第「507回最近すごくうれしかったことは?」



久しぶりに姉とお茶したこと。 2年ぶりかな? 

Česká ( チェコ)

ルーマニアの次は チェコです。 昔の私たちの地理の教科書にはチェコスロバキアだったんですよね。 今ではチェコとスロバキアに。 1993年のことだそうです。↓

チェコ

私がプラハに仕事で行ったのは寒い寒い2月のある日のことでした。チェコもフランスから飛びました。でも飛行機は当時6人乗りぐらいの小さな飛行機? 冬の嵐の中、恐怖を体験しながら、冷や汗が出るほど怖かった機内の揺れ具合。 座席から操縦席が目の前!
チェコも 同僚がコンタクトとっていた企業に、私がヨーロッパ出張のついでに行ったところでした。
右も左もまったく??  事前に大体の情報ををもらって行ったけど、ホテル(ホリデーインでした)でもらった地図を頼りに サンプルを持ってタクシーで住所のところまでは行くのだけど まったくどちらに行って良いのかまったくわからなかった。 寒くてがたがた、人に聞きまくり(住所を見せてね)やっとたどり着いたオフィス。 外側は普通の住宅のような感じでしたので、わからなかったのです。

女性の社長さんと同僚との商談の継続と詰めをし、そしてプラハの市場調査を一人寂しくしておりました。 氷点下5度。 もう頭も痛い、耳も痛い、いっぱい着こんでいったんですが、底冷えする寒さでした。 電車に乗ってデパートなどがあるところにまで行って、またうろうろ。 
1990年中ごろ、まだプラハはちと暗いイメージがあった。 でも今はチェコ、プラハといえば一大観光地である。

当時に入ったデパート? で見つけたボヘミアグラスに見とれ、 1ペアーだけ買って帰った。やはりカットがすごくきれいだ。 今どこにあるんだろうか あのグラス?

 

観光地といえば、小高い丘にあったプラハ城には地図片手に行きました。チェコ共和国にようこそ
小高い丘から見える景色は絶景かな。 
プラハ城


景色



あああの細い路地って 恋人達の町って言うんだ。 寒いのにうろうろ きょろきょろしながら歩いたプラハ市内。 足がそれこそ棒になるほど歩いた私です。 プラハでは何を食べたんだろうか? クライアントとの商談の後は 一人できっとぶらぶら歩いてどこかに入ったんだろうな。でも記憶に無いのが不思議。 チェコの料理? ぴんと来ないのです。
 帰りも あの6人のりの飛行機!チェコの思い出、寒い、小さな飛行機、石畳の町、お城ぐらいです。

Hi from Keiko
Let's write about Czech ( Prague). We used to learn about Czech Slovakia when I was teenage period but 1993 was declared ad independence country each.

My co-worker was taking care of this market but I had to fly to France for biz meeting myself one day and he asked me to visit Prague. I paid my biz there in Feb. which was the coldest period ?
It was -5 C and I felt freezing.

I flew from CD to Prague by a small air plain that the sits got only 6 passangers. You know what I felt. It was cold front passed during our flight and bumpy flights! I do not remeber how long it took from Paris to Prague but all the time I was nurves to sit. I also could see the piolt from my eyes in front of me! It was my 2nd time to fly by such a small air craft. The first one was in Grand Canyon in AZ many years back to see view but that was a Cessna with 4 passangers only and fly lower altitude compare to the flight to Prague.

Anyway, I arrived at Prague air port safe and it was smooth to get out from the custome.
I took a cab from the air port to the hotel where I was going to. It was Holiday inn which was used to use kind of government building what I had heard.

I again brought a map from the concierge and started adventurose walking!
I only got the firm address and I took a cab to the nearst place and then got off.
Because it was very narrow street and I had to take a walk to look for. I asked many people walking around and it was very hard to find out the firm because outside was like residential house.

I had a meeting with a boss who was lady and I made all necessary subjects which my co-worker gave me the lists. Then I left from the firm to do marketing reserch myself.

Again, I took a long walk here and there in the center but gradually I got headache because too cold. I did not know what dishes I age and I could not remember where I was walking around. But I remember I went to the castle to see on foot.
CzechTourism

I visited one small department? kind of. I only got interested inBohemian glasses and I bought a pair of glasses myself. I must find out where I put into now??

I also took a train to go to the center to see shops and people's trande to get some idea what kind of country Chech is.

I made a short trip to Chech and flew back to Paris by the same plain as on the way to Chech.
I am pretty sure now Chech is the very famouse country or place for tourism and I regreted myself I could not see much about the country. But it was my biz trip and can not be helped.

Romania

さあ ヨーロッパについて書いていこうかな! まずは東ヨーロッパからにします。
ルーマニアに一度だけ仕事で行きました。1990年代中ごろぐらいでしたか、まだ国事態は開けていなかったように思えます。 同僚が一社なんとかコネをつけていたので、フランスでの仕事の後に、私はルーマニアの首都ブカレストに飛びました。
ルーマニア

まずは行くまでが大変だったんです。 フランスのCD空港からルーマニア行きのフライトに乗ったーーーところまではいつもと同じ。 時間になっても飛ばない? おかしい? フランス語で何かアナウンスが入ったけど まったくわからないフランス語。 英語でしゃべってくれとフランスでは何時も空港の人と言い合いをしたりしたこともあります。

そして4-5人の私服警官のようなエージェント(Xファイルの見すぎかな?)がだだだーーーと入ってきて、一人一人チェック。 言葉がわからんと何がなんだか?? そして英語のアナウンスが入ったのです。 持ち主のわからないかばんが一個あるので、ただ今緊急チェックをしているとか。

ぞーっとした私。それから機内から 待合室に出されてしばらく待っていた。 えええまたあの飛行機に乗るの?? かなり恐怖でした。 と言うことで3時間ほど送れて エアーフランスの飛行機は私も乗っけてブカレストに飛びました。  着いたら夕方でしたし、空港はやはり空気がぴりりとしていて、みんな軍服を着ていました。 サンプルはCARNETを持参していたので、何とか無事! ホテルまで
タクシーに乗って着いたホテルが、またアンティーク調のホテル? いや古いよ。
だってエレベーターが止まっても ぴたりと床と同じ高さじゃないんだから、何時も低い位置で止まったエレベーター。  そのホテルは同僚がコンタクトしていた会社のオーナーが予約してくれていたので、まあ文句も何も言えない立場ですし、 期待をしてはいけないと最初から いや飛行機でどきどき
はらはらの経験をしてから、無事に仕事して帰って来れればという気持ちでいっぱいでした。

夜は一人で地図をもらい、近場をぶらぶらした。 とにかく暗いダウンタウンだし、まだ社会主義だった頃の余韻が残っているような雰囲気。 お店もその頃はぽつぽつとしかなかったダウンタウン。
晩飯? いや失礼! 夕飯はどこで食べようかな まったく右も左もわからないので、2時間ほどうろうろと歩いて決めたところは なんとマクドナルドでした。 でもものすごく高かったマクドナルド。
インフレからだろうか それとも外資のものは高いのだろうか? どこで何を食べたら良いのかまったくわからないまま マックでコーラも飲んで一息。 

そしてホテルに戻り、ホテルがまたクラインです。そして壁にはドラキュラの絵がかかっていた。
そうなんです、ドラキュラの伝説は ルーマニアからきているのですよ。
ルーマニア政府観光局

当時は↑のようなHPや観光案内、情報なんて無かったので、ひたすら自分で歩いて、そしてホテルで聞いて情報を得るのみでした。

翌日の朝、クライアントがホテルに来て、一日商談をし、そしてブカレストの眼鏡屋さんに何件か連れて行ってもらった。 確か彼はDR。であった。 眼鏡かなにか?ちょっと度忘れ。
でも通訳なしで商談もでき、最初は緊張していましたね。(わたしが)

ランチは何を食べたのやら? 夕食もまったく?覚えていない私。 とにかく疲労困憊のルーマニアの出張だったので、仕事をひたすらして、後は記憶にあまり残っていないのです。

でも10年以上経っているルーマニア、観光ルートにも入っているらしく、 いまじゃ開けた人気スポットに違いないなあ。 私はこれが最初で最後のルーマニアでの仕事だった。

Hi from keiko
Let's write about the East Europe.

Well, I would like to write about one of my scared trip to Romania.

My co-worker had been contacting one firm in Romania and he wanted me to visit him after my biz trip to France.

As usual, I took Air France to fly to Romania. Well, as a matter of fact, there was the hardest flight in my life.

When I got into the air craft, I know the departing time had been already past and I had no idea why the air craft did not depart! There was only French anounce which I often complained CD air port or crews of Air France. Well, it was not only me and many passengers also complained the same thing to them which I also heard.

Suddenly 4-5 guys running into the air craft which I was in and they checked each passenger, for what?? Then we got English anouncement and there was one baggage without any passengers's record or belongings.

It means that there would be something dangerous stuff inside? or what?
After checking, we were forced to leave from the air craft to go to the waiting room.
After around 3 hours later, finally we took off heading to Romania.

It was my 1st experience and the last one.

I arrived in Bucharest air port and again all officers were wearing uniform like army. It was kind of dark in the air port and I again was checked everthing because of carring samples but I got Carnet and let me go after they checked them all.

I took a cab to a hotel where I was going to stay this time and our client booked for me.
It was an old or what I may say traditional hotel.
Romania is known about the story of Dracula and the picture was on the wall which made me also scared.

The lift was also kind of old because it did not stop on the same level of the floor. It means that I had to be very careful not to fall down.
After arrived the hotel, it was later evening and I had to find the place to eat.
I took a walk for a while near the hotel but I could not find any restaurants except MC.

It is safe for me to get into Mc to eat hanberger and drink coke! But it was quite expensive to eat Mc in Romania at that time.

Next day, I met a boss (DR) to talk about our biz and products for whole day and then he brought me to a couple shops where he wanted me to see and to know the market.
In the middle of 1990, Romania was still not popular country to visit as pleasure or sight seeing not like now.

So the main story where I took a walk was like dark and many buildings were old. When a political power changed, I am sure they had a lot of fight inside but now I may say much better situation than the days I visited.

I finished my biz meeting and flew to Paris again by the Air France but smootly this time.

第503回「夏に向けての準備、してますか?」

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当ほうじょうです。
今日のテーマは、「夏に向けての準備、してますか?」です。

気がつけば5月ももう明日で終わっちゃいます。
梅雨の6月がやってきます~!梅雨が終われば暑い夏!
夏はもうすぐそこです。

気を抜いたらすぐに夏になってしまうと思うのですが、
何か夏に向けて買ったもの、準備したことってありますか?

ほうじょうは、最近お...
第503回「夏に向けての準備、してますか?」



紫外線防止のために長袖をなるべく来て、 麦わら帽子をかぶって愛犬の散歩の準備!そして
水をたくさん飲んで、ビタミンもたくさんとって〔サプリも)、夏をのりきります。

Sri Lanka

スリランカ
インドでの10日間の仕事が終わり〔無事)、ボンベイからスリランカに飛んだ。 コロンボに一社取引したい企業があるとのことで、 半年ほどファックスや電話、メイルでやり取りしていた。 きれいな英語も書くし、頭の切れる人だと何時も思いながら スリランカのオフィスに行くことに決めた。どうせシンガポールに帰る道中だし。

コロンボ、小さな国、そして未だにタミールタイガーという反政府組織があちこちでテロ活動をしている。
私が入国する前にもコロンボ市内で爆発が続けたあったそうだ。
とにかくホテルに2泊して仕事を済ませて帰ろう! でも着いたその日に病気になり(多分、そのクライアントとホテルに来る時に暑くてお店で飲んだヨーグルトにでも当たったのか、)思い切り頭痛と体から力が抜けて行った。 どうしようも無く無気力で体がだるい。しばらく休んで、無理して仕事のミーティングに出た。 思うように頭が回らなかったけど、細かい事はまた帰ってからのバックアップで何とかなるかなと思いながら、 長いミーティングやお客さんの所への訪問もした。

いや 辛かったなあ。  帰る日の午前中に コロンボから少し離れたところに連れて行ってくれた彼。観光名所らしい。きれいなビーチやお寺があった。 そんなビーチやお寺もあの津波で全滅だろうな。
コロンボも私が歩いたところは結構被害を受けたり、それ以来 彼とは連絡もメールもできないでいる。
無事であってほしい。

もともと彼はインド人で、インドに家族がいると言っていたので、インドに帰ったのだろうと思いながら、
彼の安全を祈るばかりです。 津波で多くの方が亡くなり、心よりご冥福をおいのりしています。


After visiting India, I flew to Colombo in Sri Lanka where one client wanted to deal with us.
I know he got some high eduction because I communciated him in English by fax or even Email at that time.

Sri Lanka itself was also ---. There have been bombing a lot because Tamir tiger and terrorist groupe were aginst the current government.
I only stayed 2 days and 1.5 days were all meeting and visiting client's shops etc.

Unluckily, I got sick there and I know I drink yugrut with my client in local shop. I guess that was a reason made my stomack or nurve upset. I got headache and my body was something very bad. I did not have anti viotec or any thing. I just kept resting half day.

He also brought me to some beach before I got sick and I know that area where he brought me
the gone because of Tsunami! I do not know I still can not contact my client.

After I flew back from Sri Lanka to Singapore, the air port of Colombo was bombed and one air craft got explosion and I did not know how many days, the air port could not use.

I do hope those fighting and killing innocent people should be stopped. They are gainst the government not people.

India 2

さて、最後に出会った企業と社長さんとの仕事の交渉も終わり 取引ができるまでに話がついた。
よかった!! 本当によかったよ。  やはり自分の目で見て、足で調べないとわからないもんです。

その社長さんに インドの事をたくさん聞きましたし、せっかくインドまで一人で来たのだから どこか見て来たらと言うことで、 ホテルから半日ツアーに最後の日に参加した。

ガンジーの生家も見てきたし、 インドのハリウッド?地域にも行った。 とにかく貧富の格差がものすごいところである。 今まで訪問してきた国以上かも。 
バスでこの立派な高速道路を通り、そしてインドの高級住宅街に行った。(This is a high way gose to offices area as well as upper class residential area)
高速道路


この光景には 目が・になった。 公衆洗濯場である。 みんなどこからか洗濯物を持参して、少しのお金を払い、ここで洗濯をしている。 ( Public washing place)
洗濯洗い場


貧のあたりも少しだけあるいてみた。不安だったので少しだけだったけど。 人口の何パーセントがこんなに裕福なんだろうかなんて想像しただけでなんだか悲しくなってしまった。 10億人もいる国。
最近は IT関連や 大企業のコールセンターがインドやフィリピンに設置されているので、私が行った頃よりは 生活水準は少しは上がっていると思う。
インド

でもまあ 歩いていても 人が本当に多いというのが実感したインド。
あと あちこち行って怪我をしないようにとも言われた。 もちろん薬や常備薬は持参しているわたしでしたが、幸運にも病気もせずに 10日間のインド出張と市場調査は無事に終えた。


Hi from keiko

Finally I found the firm and started negotiating and biz meeting. It was very constructive meeting with them.

After meeting, they brought me to an vegitarian curry restaurant and it was super tasty lunch!

You know what, I kept eating different curry most of days behind of the hotel where I was staying because it was kind of risky to eat other places. So I ate dishes in the hotel either the same restaurant every day! But all currys were so tasty and did not fed up eaing even every day.

Since then, this firm often visited our stands in Italy and france whenever I was there.

He recommended me to take a tour from the hotel to see Bombay instad of only walking in the city for biz purpse. The last day in India, I took half day tour myself and visited the house where Gandi was born and then visited super rich residential places.

I realized again how big gap between poor and rich in this country and at that time, people told me that poor people would be poor for good! I was so sad to hear such words.

Anyway, I stayed in Bombay for 10 days alone and it was very adventurous trip in my life.

India

さあ ちょっとアジアに戻って、インドについて書くことにします。 インドは人口が多いということと、やはりヨーロッパなどの企業が少しずつ市場を作っていた時でしたので、 私もやはりーーーー。
バッタやさんや 在庫やさんしかいないよって日本では言われていたインド、でもみんな言うだけで自分の目で、足で調べていないのは確かだった。 アジアの出張の時に 一度だけインドのボンベイで展示会があるときに行くことに決めた私。 それまでインドの市場もかなり調べていた私。インド人の客にもヨーロッパの展示会で何人も出会っていて名刺交換もしていたけど、いざインドに行く時にはまったく一人であった。  

シンガポールからボンベイに飛び 10日間ボンベイに滞在した。 4日間は展示会が行われ その間はずっと展示会に出展しているインドの企業にアポとりまくり、展示会後にアポを取った会社を一人で訪問しました。  

インド、私にとってはすごいカルチャーショックでした。 空港に夜の11時ごろに着き、やはりサンプルで拘束時間4時間。 ありとあらゆる書類を持参していたけど、4時間もかかった。 うんともすんともいわずに待たされた4時間。不安でいっぱいだった。 やっと拘束から開放され、さあホテルに行かなくちゃと 空港でタクシーをひろい、ホテルまで。 真夜中から朝焼けがーーー。 ホテルまで行く道中には人がごろごろ道端で寝ている。 とにかく人がびっくりするぐらい多い。 ロバも道路を歩いていたし。 やっと朝方ホテルに着き、軽く仮眠。 そして展示会に頑張って4日間通った日々。 

思ったほど?? まあ他国の展示会とは比べちゃいけないのかもしれないけど 比べてしまった。
片っ端から 展示会のスタンドに行ってアポを取ったり、いろんな商品を調べたりしていた。

5件ほど展示会後会ってもいいという企業ができた。 
展示会後、一人でサンプルバックを持って、タクシーで会社訪問が始まった。 タクシーが信号機で止まると、 どこからとも無く人がどどどっとよってくる。 窓をたたいたり 恐怖!! 絶対に窓を開けないようにとホテルで言われていたので、汗を拭きながらタクシーの後部座席に乗っていた私。
タクシーから降りて、事務所をひたすら探しながらあるく私。( I was looking for a office where I should visit)
ボンベイの町の中


人とすれ違うのがちょっと怖かったです。(I was carrying samples with me and kept walking around to visit firms)
ボンベイの町の中2


あちこちボンベイ市内を歩きました.(I kept walking and walking to find offices)
ボンベイの町の中3


名刺は結構立派だったが、その住所に行くと、暗いビルの片隅に 電話が一台とボスが一人なんていうのもありましたし、 ビルの後ろの方まで歩いて行く時には どきどきはらはら。 やはりサンプルを持ってあの暑いボンベイ市内を歩くのは かなりの度胸が必要だった。

3日ほど企業?訪問をしながら、諦めかけていた時に、ああ この企業ならというところにたどりついた。 某有名なヨーロッパの企業のインドの代理店をしている。 オフィスもきちんとしていて、社長さんもすごく紳士的な方でした。 インドに来て始めての真剣な商談をしました。 ほとんど諦めかけていた私だったので、なんだか肩の荷が少し楽になった。  社長さんにお店なども連れて行ってもらったり、ランチは ベジタリアン専門のカレーハウスでした。 おいしかったあああ。

実を言うと ボンベイに着いてからずっと食事はホテルの裏にあった インディアンレストランで食事を毎日していました。 ホテルでも数回食事をしたけど、やはりインドではカレーだ!! 毎日違うカレーを食べに行っていたレストラン。 従業員もさすがこう毎日来る私を覚えて、いろいろな会話もした。

インドは英語が通じるから良かった! もちろんインド人独特の訛りというかアクセントの英語ですから
聞き取るのがちと大変でしたが、1週間もいると慣れましたよ。

続く

Hi from keiko
well, after midle east countries, I want to write about my extremely tough trip to India and Srilanka.

Huge population next to China and I was not sure whether I should have visited India to look for our clients or not. But I know some of European firms set up their agents or subsidary firms in India to see their future possiblity which Japanese would have never thought about such way as Eruopean thought.

But I had to see my eyes India and found any poosiblity or not possiblity through myself instead of just hearing from peple's story.

One day there was Bombay EXB.in India and was held in Bombay for 4 days which I obtained an information from my European firends.

I explainedd my purpose of visiting and necessary collected inforation to out president and got his permission to go to India alone.
I had no friends either people whom I could visit this time but I had a couple information in my hand.

I flew from Singapore to Bombay by SQ and arrived at the air port quite late. I brought all documents with me for carrying samples but I caught thier customes for 4 hours. I explained and explained but they just talked to each other ( officers) in another room and I was sitiing in front of the room for 4 hours. I know at that time, people who brought PC, all PC were checked and they did not aloow them to bring in. I did not bring PC but 4 hours in the air port.
They were all men made me a bit scared.

After 4 hours, finally they let me free. It was around 3AM. I had to look for a cab from the air port to the hotel where I am going to stay.

I got the most strong culture shock when I saw the view from the cab's window. There were many, just too many people here and there even the midnight. Sleeping or sitting on the ground or parks or anywhere which I had never see such views.

It was easier for me to be in India because they also can speak English. When I arrived at the hotel, it was around closed to 6 AM. I was so exhausted myself and needed to get some rest and needed to take shower!

After a few hours resting, I went to the place where the EXB will be held and from next day, I kept visiting the EXB.hall and tried to make an appointment as many as possible. Of cousre, after checking all of products lines.

After finishing the EXB. I started vsiting each firm which I got an appointment during EXB.
I had not idea which way or where the office would be. I took a cab to nearest place and got off and took a walk to the address on the biz card. I had to enter dark buildings and used stairs up to 5-6 F and knocked the office, one desk and a phone. I experienced a couple times in India.
It was very difficult to find a reliable firm which I could feel and almost would give up myself.

Scaring was to sit in a cab and whenever a cab stopped at an intersection, people came to beat the window. My friend gave me a warning do not open the window either do not show your watch or rings etc.

But the last day, I visited one firm which is one of very famouse European firm's sole agent!
The boss was so intelligent and gentle man. His office was so neat and I felt this is a firm I was looking for!

プロフィール

sorawamarude

Author:sorawamarude
いろんな夢を持って 海外に飛び込んだ若い頃、やはりB型だわとよく言われた私です。
I had a lot of dreams when I was working and visited so many countries as my biz trip let me open my eyes to know the real world.

ブログランキング

FC2ブログランキング

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンク
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。