FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Argentina

アルゼンチンーwikipedia

ブラジル訪問の後は必ずアルゼンチンに行っていた。一番最初に行った頃はまだ治安もそれほど悪くはなかった。2回目の訪問時は、アルゼンチンの経済不振になり、あちらこちらで暴動が起こっている時に行った。 町を歩いていても、店は荒らされていたり、モールで暴動があったり、私は同僚と一緒に行ったが、行動範囲はかなり狭かった。  

アルゼンチン=エビーター!!とフォークランド戦争ぐらいしか知らなかった。 エビーターは映画で見てものすごく感動し、当時のアルゼンチンの国の歴史を少しだけ、映画から知った。

フォークランド戦争時は、サッチャーさんが首相で 鉄の女性とか言われていたような記憶がある。

アルゼンチンの市場は 理解できたようで できなかった。 ブエノスアイレスでイエローページを
ちぎって訪問した会社もあった。 でも一社だけずっとコンタクトを取っていた企業があり、彼とは仕事ができるという感じを最初から持っていたが、会社はずっと反対していた。
そんなに簡単に相手のことがわかり、国がわかっていたら、世界中のビジネスマンはアルゼンチンにも投資をするだろう!って思いながら、私は彼とずっと交渉しながら少しずつ仕事をしていた。

もちろん小さな商売からであるが、いずれかは大きくなると確信していたころに、バブルがはじけたような経済危機がアルゼンチンを襲った。  仕事のパートナーは逃げるような人でもないし、最後まで私のことを信じてくれていた。

アルゼンチン、すごく素敵な国だろうな? でも仕事でしか知らない国。 夕食時に同僚とタンゴを見に行ったぐらいで 後は恐怖のダウンタウンを歩いたり、かばんをしっかり持って、セキュリティーアラームを持参して歩いていた。 

今は かなり安定してきているようだ。 サッカーもオリンピックで活躍していたし、テニス選手のサバチーニーもアルゼンチン出身だった。 もっといろんなことを知りたかった、見たかった国の一つである。

ホテルもダウンタウンの小さなビジネスホテル! シャワーが水だったことも覚えている。文句を言ったところで他に? 我慢した。 日本のビジネスホテルより小さい部屋だった。
まあ贅沢は言わないけど、 怖かったなああ。

Argentina
Argentina-Wikipedia

After visiting Brazil, we visited Argentina. Of course, only Buenos Aires!
My first visiting was tough because I could not get much information about firms and markets condition. So I took yellow pages and visited a couple firms as well as I got a few information from my clients in Mexico and Brazil about Argentina market.

There was one firm which run by a family and I used to keep contacting a son from Japan and I wanted to meet him up and discuss about our products for Argentina market.

Well, when he saw our products, of course, he mentioned that they are great quality but price wise, hard to sell. Anyway, I did not know the reason but I kept contacting and slowly started to deal with him even the firm where I used to work for, asked me to find a big firm.

I always felt that it was easy to say anything. If they were me, I do not think they would be able to find any firm that they can deal with under trust.

I felt confident to deal with him and we had a small biz but talked a lot and he taught me about how Artgentina market and people are.

I only know Buenos Aires! and did not go anywhere like sightseeing spots there.
What I knew Argentina was Eva Perón (better known as "Evita") and Falklands War.
I am sure it is beautiful country but they went through hard time in past and many fighting because of political unstable.

When my 2nd visiting there, it was seriouse economic crisis and many rooting and killed people.
So I and my staff were quite danger to walk around. But we still kept checking the market.

Even during economic crisis, I tursted him and he was very honest with me and we did not have big biz but he cleared all of payment.

I do hope he still runs his firm well!
スポンサーサイト

第550回「日焼けした?してない?」

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当ほうじょうです。
今日のテーマは、「日焼けした?してない?」です。

幼稚園ぐらいの小さいとき、誰が一番真っ黒に焼けたか、というのを
夏休みが終わったあとに比べるようなことをやった覚えがあります。
小さい頃には焼けてるほうが健康~みたいなイメージがありました。
大人になった今では、焼けることは悪!というような風潮になってしまって
焼けた...
第550回「日焼けした?してない?」



日焼けは皮膚癌になりやすいと聞いていますし、しみにもなります。 畑仕事では長袖を来てます。
若い頃は、何も考えずに 海外に行けばプールのところでどかっと寝て焼いていましたが、恐ろしいこと!  やっぱり紫外線やいろんなことを考えて行動! 

ブラジル

南米最大の国、ブラジル! 私が会社に入るまで誰一人として市場を開拓した人はいない大陸!というか国。 メキシコまで開拓したんだから、南米もということで、南米についてもあちこち情報をかき集め、聞きまくり、そして最初はやはり不安いっぱいだったので、同僚にお願いして、2人で珍道中!
まあ 私の一番理解者である同僚、今でもいろんなことで連絡をしたりしている友人でもあります。

彼とダラス経由でブラジルのサンパウロに入った。 ちょうど展示会が開かれている時をめがけて行ったブラジル。 展示会でいろんな企業や市場について知ることができるだろうと思った。
何も知らない私、カメラで展示会の中をぱちぱち撮っていたら、ガードマンが2人来て、私のカメラを
強制的に取って、そしてなんか文句を言い始めた。 ポルトガル語でちんぷんかんぷんだったけど、次に来た英語! 展示会場は写真厳禁だとか、今まで撮った写真のフィルム(当時はまだデジカメはほとんど無かった)を全部没収された。 いや怖かったなああ。だってよくVIPの横についているようなでかい、ごつい男が2人私の前に来たら、わたしだってーーーー。

展示会場では片っ端からスタンドを訪問してアポを取ったり、商談をさせてもらったりしていた。

何気なく目に入った日本語の名前の会社!そして何気なくスタンドに入ったら、日本人の社長さんと奥さんがいた。 私たちのことを紹介し、そしてアポを取った。展示会中はやはりみんな忙しいために、ゆとりが無いので、展示会が終わってから商談をした。 もちろん情報収集していた企業は全部訪問し、消去式で代理店を探していた私たち。 ユダヤ人が経営している企業にも訪問して、これはいけそうかな?でも相手はかなりの上手! 交渉がやはりうまいというか、探り、探られで、でも最後まで候補として残しておいた。  他、現地のイエローページで、企業を探し、電話帳を破いてそのままタクシーで訪問したところもあった。 まあ度胸があったというか、怖いもの知らずの私でした。

でも同僚はサンパウロの町の中で、すりにあいそうになった! あっと言う時には すりの手がポケットに入っていたという。でもラッキーに声に驚いたのかな。

展示会で見つけた日本人の企業に訪問して 再商談をしたわたしたち。 やはり日本語が通じるって
楽ちんだわああ。  日本よりは、ブラジルは大きな国、大きくてしっかりした企業を代理店にとか言われてきたが、そんなこと1回目の出張で決めれるわけが無い! 社長は好き勝手に言うけど、新規市場を開拓するのは容易ではないーとか言っても開拓してきた私。できると期待されちゃってましてーーー それが逆に重荷になっていた時もあります。

何かなら何までNEWの国。 車にエタノールを入れていたのを初めてみたあの頃。 これで車が走るのかと思いながら、車にアルコールを入れる? 不思議だった。 ピラニアも食べたなああ。
おいしいブラジルのお肉もいただいた! ブラジル人の気質や商売の仕方もまったく知らなかった私。とにかく、出張でいろんなことを学び、知った!

とまあ あちこち忙しく動き回り、市場調査をして、大体の目処をつけた。 
その日本人の社長さんがまた 優しくて、信用第一! 私たちの持参したブランドと眼鏡が気に入り、ぜひ代理店になりたいと申し出てきた。 私たちも半分以上は決めていた。

そして彼らの仕事仲間にもお会いしたり、そして 週末はなぜか彼らが主催していたお食事会に招待された! といっても車で3-4時間かかるところに連れて行ってもらい、親戚や友人たちがたくさんいる中で、日本から仕事で来た私たちを心地よく迎えてくれた彼ら。 2世もいたかな?
みんなで本当にいろんな話をしたり、ブラジルのことについて知った。  

ブラジルには私は2回訪問している。 1回目は私の同僚、2回目は新しく入ってきた女性の営業。 

いろんな想い出があるブラジル。 リベルダーデの町並みが大好き! そして社長の奥さんにも
本当にやさしく親切にしてもらった。  社長さんは仕事を辞めてからも 私とは友人として、お付き合いしているし、奥さんとも時々電話で話したりする。 いや懐かしいなあ。

ダラスにいた頃に一度サンパウロに行く予定をしていたけど、ビザも全部自分で取らなければいけないと知って、 諦めた! でも行っておけばよかったと後悔! 

いつかまた 彼の奥さんや、友人たちに会いたいなああ。 

Hi from keiko! It is 100 year aniversary since Japanese immigrate into Brazil. There are many festival and celemonies to be held in Brazil in 08. My friend called me to tell our prince was visiting Sau Paulo.
Brrazil-wikipedia

I had visited Brazil 2-3 times. I just can not remember how many times. But no one was visiting there to open the market until I decided to open from the firm.

I have many friends who deal with Brazil market and they told me to go there to take a look at see. So I checked and gathered many information as much as possible myself and explained our president about the market and could not understand the reason we had no biz there.

One day, I asked my co-worker to come with me to travel S. Americal to check the market.
My co-worker was he and he is a great friend of mine still like my elder brother! ?

So we fle from Japan via Dallas to Sau Paulo and it took 36 hours to reach there. At that time, we had no contact or peole whom we know. So we had to clear everything by ourselves. Tricky things in their custom was that we had to push bottan when our luggages went through Xray.
I push green botton and they found my samples bag. Well, I prepared Cartnet and all documentations. But they checked each by each and finally got out from the air port.

There was a local EXB held in Feb. and we wanted to go there to see firms and their market sitautions etc. So we entered the EXB. hall with samples bags because we also had to represent our products. I also took many photos in each stands and suddenly, 2 body gurds were surround by me and they took my camera and took all films out from it. Photo was prohibited and I did not know that. It was scary moment!
Anyway, we visited each firm and found Japanese firm name which I entered.

The president is Japanese and his wife is 2nd generation of Japanese. So I talked to them in Japanese comfortably.

So during day time, I visited EXB. and then afternoon time, I visited their firm to see their office and big boss etc.
It was 1 week trip in Brazil because we had to find out our agent there and we were quite heavy stress and visited many firms at that time. We also visited that Japanese firm to negotiate.

After finished all appointment, the president of Japanese firm invited us to go to their small party where was held around 300-400 km away from Sau Paulo. We met his many friends and relatives there and enjoyed eating and talking. Because Obachan is Japanese and still talked in Japanese with us.

We had a good memory being with them and brought many infomration from the country.
Later on, I also visited Brazil with my staff and our biz slowlyl expanded. I still have a communication with him and sometime talked to his wife over the phone. I wish I could have visited there when we were living in Dallas. I regreted myself not to go because I found I had to arrange all trip including Visa arrangment ourselves.

But I would love to visit there again if there would be any opportunities come.
It is a big country and I could not belive when I saw gas stand, people put into alcohol or ethyl alcohol. But now we were only talking about this energy soruce for cars!

I also ate Brazil steak which was very tasty and soft.
I did not make any sight seeings but I had a good memories to see nice people there.

Mexico

アメリカ留学時代に、一度だけメキシコに車で入った事があるぐらいで、メキシコに仕事で入国したときにはかなり興奮モードだった。アメリカ市場はアメリカ人が担当していたので、NYでの展示会の後、メキシコに飛んだ私。 市場調査をかなりして、そして入国してクライアント探しをした。

大きなチェーン店を3つ探し,そして問屋情報も得て入ったメキシコ。  片っ端から訪問して、プレゼンしてきた。  問屋はかなり困難と早々に結論を出し、やはり大手チェーン店をアタックしようと思い、サンプルを持参して、チェーン店の本部へ行った!  もちろんあのフォルクスワーゲンのビートルのタクシーに乗って、ひやひやしながら目的地に行っていた。  

ずっと訪問しながら、なんとなく思うように交渉できない。なぜならアメリカから商品がたくさん流れてくるので、そう簡単な市場ではないということも メキシコに入ってわかったこと。

最後に訪問した、チェーン店の本部。 最初に私を迎えいれてくれた、MR. SANTOSOさん!彼は社長さんで、どことなく、私の恩師に体格や雰囲気が似ていた。  私が最初にお会いしたのは彼が70歳近かっただろうか? 息子さんは40代ぐらいだったろうか。でもいつも社長が私を迎えてくれて、商談も社長としていた。 私のことをいつも KEIKOと呼んでくれていた。 もちろんその会社と取引できるまで、1年ぐらいはかかった。 社長とはイタリアの展示会やフランスの展示会でもアポを取っていたし、 メキシコには何度訪問したんだろうか? でも取引ができるようになったときには、本当に通ってよかった! 本当に彼と交渉してきて良かったと思った。 
彼のお店は、高級デパートの中やモールの中にあった。だから日本からの商品もかなり入った!
取引額も徐々に増えて行って、本当にやりがいのある仕事ができたと自分でも思います。

私が仕事をやめる1-2年前かな、 息子さんがフランスの展示会のブースに寄ってくれた。
最初に私に言った言葉ーーー。 父が亡くなりました。 まだまだ現役で仕事をしたいと私に冗談交じりで話してくれた社長さん、MR.SANTOSO. 私も本当にショックと パニックになってしまった。
今年も会えると思っていた社長さん! いろんな想い出が頭の中を横切って 本当に悲しかったあの時。 息子さんは私に、父はいつも私のことを話していたと言っていた。 日本からよく通ってきた
KEIKOと商談するんだって。  あのときの言葉は一生忘れない。そしてMR.SANTOSOさんに出会って仕事ができたこと、メキシコでいろんな経験をさせてもらったこと、私にとってはメキシコは思い出深い国です。  本当に彼に出会えてよかった! 
毎回仕事オンリーのメキシコ訪問、観光は?あの中心街の広場と、有名な女性画家の博物館ぐらいだろうか。 ホテルと事務所、お店、市場調査ばかりの日々、いや まじめだった私です。 
でも、メキシコ料理は堪能しました。 大好きなサルサやトルティアやタコス。やはり本場はうまい!

My favorite country!! Mexico is one of my favrorite countries as well as I had a great memory to a person whom I used to deal with.

We did not have any information about Mexico market even we got a branch in NY to cover US and Canada. I was so interested to visit Mexico during working period because I had visited
Mexico from Arizona by a rent car with my friend. I was only a few hours there because we did not have visa. So we parked our car near immiguration and walked in. That's only my trip to Mexico during my studying in the US.

So I was wonder why we could not have own market in Mexico and I found that no one really checked Mexico market and we only had poor information. I went to Jetro and checked all necessary inforamtion from magazines and friends who live in other countries and dealt with biz in Mexico.

I flew Mexico city from NY EXB. one day and visited a couple possible firms myself.
Also I checked yellow pages in the Hotel there and visited a few firms, too during my trip schedule.

It is a big country but there are high gap between poor and rich at that time even now.
I took a cab which people who know Mexico, yes, Most of cabs were Wagen Beatle ( very old and used car) at that time.

I visited a big chan stores and then visited their head offices to introduce ourselves and our products. It was not easy to get into the market,too and I kept running from morning until evening.
Most of time, people in firms asked me who are you and where you from?? Well, looked like Chinese or?? I explained my country origin, firms and then products.!

The last day in Mexico, I visited one of big chain stores and found the head office quite far from the center where I was staying. I was so nerves and felt very streseful because one of big firms in Mexico.
When I entered the office, of course, there was front desk and asked GM or a person in charge of purchasing dept. I was wating for?? then, the tall and big gentlmen with white hair came to me and asked me May I help you??

He was a bos whoes name is Mr. Alfred Santoso . I still remeber the name and face!!
He was wondering where this lady came from and asked me what can I do for you!
He was a big gentlman with white hair. When I first met him, my impression was a tough guy!
Yes, tough but gentle and kind person whom I could not meet until the last day before I had to leave for Brazil.

I started explaining our products and the reason I came to your office.
He was just curiosity to take a look at our product samples and finished our meeting.

I did not know whether he got any interests or not. I never gave up to contact him and I met him in Italy and France during EXB. period.

Then, I again visited his office to negotiate furthers and finally we started dealing with!
He started calling me my first name always and made a joke a lot during meeting,too.

Whenever I saw him in Europe, he gave me a big hug and smiles! He taught me a lot about the market in Mexico and he brought me a lunch one day even he was so a busy man!
I enjoyed talking to him and he took me around his shops to see what his firm was doing and expanding his biz.
Our biz volume was getting bigger and bigger!

I guess 1 or 2 years before I resigned the firm, his son came to our stand when we had a stand in France. I could not see Mr. Santoso san and then the son explained me about his farther's death.
His father passed away a few months ago and he wanted to tell me about this.
He also explained me that his father often talked about my name and how we met in his office and he brought my name during biz meeting there with his son.

I just could not stand listening what he explained to me and I cried even in front of many staff and clients. My tears never stopped during the EXB. After Exb. I sent a letter of condolence to his head office and attention to his wife!

I received a card from his son,too. I still have Mr. Alfred Santoso's biz name card with me and I had a great meeting with a guy who still is in my heart.

Thanks to Mr. Santoso san.

Swiss

おひさしぶりです。 なんだか毎晩書こうと思った時には0時を回っていましたので、それからは疲れ果てて書けなかった。=言い訳ですが。

スイスは 私にとってはすごく思い出のある国です。 仕事でも何度か行ったジュネーブ、チューリッヒも仕事で一度行ったかな?  美しい国スイス、レマン湖が今でも頭に浮かんできます。
私にはとっても大切な友人がスイスにいました。 今でも会いたいなって思うことが多々ありますし、どこにいるんだろうかと友人に聞いたりしていますが、わかりません。 とっても私のことを大切にしてくれ、いろんなことを教えてくれた彼! 感謝とともに、いろんなお話をしたい。

スイスも途中から担当し始めた国の一つです。代理店との交渉と、OEMの受注など、両方の仕事をしながらスイスにフランスの展示会や、ヨーロッパの出張時に寄った国です。 OEMで2度ほど MOREZ
に行った。 ジュネーブまで飛び、そこから電車で行ったのだろうか?あまり記憶が無いけど、途中、クライアントが迎えに来てくれて、彼の工場まで車で行った記憶はある。
Morez-Wikipedia
工場まで行く途中の景色が今でも忘れられない。 一面 黄色の菜の花畑のとき、一面ラベンダーが咲いている時、本当にあの美しい景色だけは忘れられない。 フランスの田園って、感動的な光景でした。 印象派の絵にぴったり! 

工場がある小さな村の宿に宿泊して、村をぶらぶらしたが、あいにくオフシーズンで閑散としていたが、シーズンは ツーリングやキャンパーたちが集まるらしく、にぎやかだそうだ。  ホテルといってもB&Bで、テレビは全部フランス語、言葉もなかなか通じなかった。まったくフランス語ができない私ですから。

仕事の交渉はものすごく大変だった。相手も製造会社だ。 日本でできる商品を受注するための交渉。 そりゃあ簡単じゃない。 製品についてのことや、品質、価格など、2日間、頭が爆発しそうだったけど、2回目の交渉で、やっとOEMの受注もできた。 フォローアップはかなり神経を使った私。

絶対に仕事を取ると思って訪問していたので、取れたときにはやはりうれしかった。 

商談成立後、社長さんに夕食に誘われた。 工場から車で1時間ぐらい走った、きれいな湖のほとりのレストラン。 いやあ緊張もしたけど、 おいしかった赤ワイン、お肉!! そしてうつくしい夕日。あの夕食の時間もまだ頭の中に残っている。  ワインはかなり高級なものだった。 いろいろと説明をしてくれたが、 三分の1ぐらいしか理解できないワインの説明。 

でも、  仕事が取れて、そして社長にお食事を誘ってもらい、いろんなことを話しながら食べる食事、最高!  結構私はおいしいものをあちこちで食べてきたんだなって、つくづく感じます。 別に私はグルメでも何でもないけど、出会った人たちが本当によくしてくれた。  もちろんクレームなどの処理も全部していたけど、とことん腹を割って話してきた。 そんな仕事ができて、私の30代はかなり充実していた。 

イタリアからも電車でスイスに入ったこともある。 とってもきれいだった。 いろんなところに行って、いろんな人に出会い、たくさんの仕事ができたことは、私の人生にとって誇りです。 人を大切にすることを教えてくれた、私の恩師にいつも感謝しています。

Sorry I have not written so many days!
Whenever I try to write my blog, the time always has been past midnight and then just excused not to write.

Swiss is my speical country where I visited many times. I used to have a close friend who lives in Swiss and he was so kind and gentle to me. He taught me many things because he is a chemist and used to work for a big firm. Anyway, I am not sure where he lives now and I would love to contact him if I would find his address!

I visited Swiss many times because of biz purpose. I mostly visited Geneva and Zurich!
It is very beautiful country with small population. I love De Lake Leman and I took a train around De Lake Leman a couple times. Well, it is expensive country but peaceful place to visit.

I took over my co-worker's market and I also tried to organize Swiss market. It was tough because small country and surround by Germany, France and Italy. It means that they have a bit different taste than other countries. French speaking area, German and Italy brought me a bit tough to orgnize our products and discussion. I also had to make OEM line and visited Morez two times to negotiate with firms. It was not easy because they were also manufactures and I had to know many techincal part. So I often talked to people who worked in the factory in Japan to get a lot of information and knowledges. I flew to Geneva and took a train to go their factory's nearest station and a boss came to fetch me up to bring their facotry.

After so many meetings and discusstions, I got deal! I stayed at a B&B for 2 days and I remember I took a walk around a small village but people only spoke French made me so difficult to buy something or go somewhere.

After biz meeting, the president of the firm brought me to have a dinner near a lake.
It was very beautiful night and saw sun set from the restaurant.
He surved tasty red wine and yummy beaf steak! He tried to explain how nice the red wine was but I only understood 50% what he explained.

After tough and hectic trip, I got a great moment and nice dinner and came back to Geneva to fly to next country.

It was wonderful view around country side between Swiss and France. Still remember rape blossoms all the area and also violet avender flowers,too. It was like yellow or violet carpets!

I love impressionist paintings and if I were an aritst, I would have stayed there to paint!
プロフィール

sorawamarude

Author:sorawamarude
いろんな夢を持って 海外に飛び込んだ若い頃、やはりB型だわとよく言われた私です。
I had a lot of dreams when I was working and visited so many countries as my biz trip let me open my eyes to know the real world.

ブログランキング

FC2ブログランキング

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンク
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。